グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  事業紹介 >  データヘルス・リビングラボ >  「健康の見える化」 プロジェクト

「健康の見える化」 プロジェクト


「健康の見える化」プロジェクト概要

静岡県立大学「ふじのくに発イノベーション推進機構」では、健康食イノベーション推進事業(内閣府地方創生推進交付金事業)の一貫として、「健康の見える化」プロジェクト(データヘルス・リビングラボ)に取り組んでいます。
このプロジェクトでは、地域の皆様に、ウェアラブル端末を装着していただき、日常の運動量や睡眠などの情報を、完全に匿名化しそれを保持して専用のクラウドにビッグデータとして格納します。クラウドに格納された情報は、健康食イノベーション推進事業に活用します。
ウェアラブル端末を装着した人は、自分の活動情報をスマートフォンで確認することができます。煩わしい作業などなく、ウェアラブル端末を装着するだけで、毎日の活動情報を「見える化」して、自分の健康状態をより簡便に把握し、健康についての意識を高めることができます。ウェアラブル端末は、希望された対象者に無償で貸与いたします。

ウェアラブル端末を装着する人を募集します!!
プロジェクトの説明をお聞きいただき、お申し込みください。

募集条件、説明申込などの詳細はこちらから
FAQ(よくある質問)はこちらから